【BABYEYE's MINI CONVERTIBLE】LBパフォーマンス製ボディキットで脱定番仕様を構築! | web option(ウェブ オプション)

【BABYEYE’s MINI CONVERTIBLE】LBパフォーマンス製ボディキットで脱定番仕様を構築!

ミニのエクステリアカスタムで用いられるモチーフといえば、ポップでカジュアルなテイストを盛り込むことが定石となっている。しかし、ベイビーアイズが仕立てたこのマシンはまったく違う。LBパフォーマンス製のコンプリートボディキットをまとうその姿からは全身からアウトロー感がほとばしり、まるで群れることを嫌う猛禽類のようだ。

 

 

BABYEYE’s MINI CONVERTIBLE[R57]

 

 

ワイド&ローを極めたボディを得意のフルラッピングで彩る

 

 

車種を問わず、さまざまなカスタムカーを生み出しているベイビーアイズ。その作品H全国各地で行われているショーにも多数出展されており、数々の賞を獲得してきた実績を持つ。エクステリアメイク、インテリア&オーディオカスタムなどと同時に、ラッピングその高い技術力が話題となっている有力ショップだ。

 

 

「このクルマはベース車探しからオーナーさんと一緒に考えて作った1台です。ミニっていうとポップでキュートなイメージの仕上げかたをする人が多いですが、このクルマはLBパフォーマンス製のコンプリートボディキットを軸にワイルドなテイストを盛り込んでみました。リバティウォークのアイデンティティとなっているワークスフェンダーはミニにもよく似合っていて狙いとおりだったと思います。ただし、本来は3ドア用に開発されているキットなので、コンバーチブルにはトランクウイングが装着できなかったのでその部分はウチのオリジナルとして製作。製品化していますので興味のあるひとはお問い合わせ下さい」とは、ベイビーアイズ代表の中島さん。

 

 

カラーリングは全体のイメージに合わせて3M製の「サテンゴールドダストブラック」でフルラッピング。複雑な曲面でも破綻する事なく、とても美しい貼り込みがなされているのが見逃せないところ。ワンポイントとして使われているカーボン柄が主張しすぎていないあたりに、高度なセンスを感じさせてくれるのだ。

 

 

エアロパーツのチョイスからカラーリングまでワイルド感が溢れているが、実際にはエアロパーツのフィッティングひとつをとっても細かな作り込みがなされている1台。今後はスタイリングと実用性アップの両立を目指してエアサスの導入が予定されているということ。

 

大胆なワイド&ロー化によってキュートさをあえて抑えた脱定番のカスタム。こんなミニも非常に魅力的ではないだろうか。

 

 

 

インテリアはパネル類をヘアライン調のフィルムでラッピングしたりシートをレカロに交換するなど、シンプルかつシックにまとめられている。

 

ホイールはワークの『マイスターM1 3ピース』をチョイス。サイズは9J×18でフロントがインセット23、リヤはインセット0となっている。まだまだ外に出せるが、オーナーが普段通勤にも使っていることを考えてこの設定になったそうだ。

 

 

 

ベイビーアイズ 中島さん

「ウチはアイディアを提案しつつ、オーナーの希望をどうやったらカタチにできるかをジックリ話し合っていくスタイルですね。カスタマイズのジャンルは問わないので、みなさん気軽に相談してみて下さい」