【RE雨宮GReddy6(AZ-1)】伝説のミッドシップロータリーチューンド!

AZ-1ベースでポルシェCカーのパーツをフル移植!

 

 

その長い歴史の中でRX-7ではない唯一のGReddy(グレッディ)が、1995年に「ミッドシップロータリーチューンド」というテーマで製作された“6”だ。面影などまったく残っていないが、ベース車両は軽自動車のオートザムAZ-1である。

 

ヤマハOX99-11やマクラーレンF1をオマージュしたというGReddy6は、AZ-1のモノコックボディを活かしつつ、パイプフレームを追加してカウルを被せるという手法でメイキング。エクステリアはすべてRE雨宮オリジナルで、その独創的なレーシングシルエットは圧巻のひとことだ。

 

なお、製作にあたってはポルシェのCカー(962C)を1台用意し、ミッションやサスペンションまわりなどをフル移植している(←これのおかげで制作費はGReddyシリーズ最高額らしい…)。走行性能を考慮し、路面スレスレまでローマウント化されたエンジンは13Bベースの20Bビッグシングルターボ仕様で、最高出力は500psというパワフルさだ。

 

「当初はこれで十勝24時間耐久レースに出ようと思って作ってたから、お金も時間も相当かけたね。その後、ナンバーを取得したんだけど、車検の関係で燃料タンクは30Lの純正タンクでさ。燃費を考えると遠出ができないから、あまり乗らなかったなぁ」とは、製作責任者のRE雨宮・雨さん。

 

ちなみに、デビュー当時(東京オートサロン1996)のエクステリアカラーはレッドだったが、複数のオーナーの手を渡り歩く過程でホワイトにオールペイントされ、「GReddy6-AZ1 ’00 White Coler」というネーミングで東京オートサロン2001に再登場した。

 

 

 

フレームからボディまで完全オリジナルで製作された驚異のマシン。AZ-1特有のガルウイングと雨宮スペシャルの前後チルトカウルをオープンさせた状態は、感動すら覚えるレーシングシルエットだ。

 

ミッドシップに搭載されたエンジンは13Bベースの3ローター仕様。タービンはT78-33Dが与えられ、最大ブースト1.1キロ時に約500psを発生。