Pro-GT-R国内最速DRAGマシン「SAURUS・Kamaishi-R」、タイのDRAG専用コースで本格チャレンジへ!

【いまだ破られていないPro-GT-R「7.905秒」】

2014年9月15日、宮城県・仙台ハイランドDRAGレースウェイにて、Pro-GT-Rクラス最速となる「7.905秒!」という驚異のタイムが記録された。マシンはR32・GT-R。マシン製作は埼玉県狭山市・ガレージザウルス、ドライバーはオーナーである岩手県盛岡市在住の釜石明彦氏。

 

この日行われたのはAMKREAD DRAG大会。そして、仙台ハイランド・DRAGレースウェイのラストラン(最終営業日)。

仙台ハイランドDRAGレースウェイは2011年3月11日の東日本大震災でコースは大損傷を受けた。復活は望み薄?と思われたが、日本中の熱きDRAGERたちが集結、まさに人海戦術のボランティア活動により2013年にはコースも一度は復活を遂げたものの・・・。仙台ハイランド自体の事業撤退により、この日を境にその幕は閉じたのだ。

 

 

 

仙台のDRAGレースウェイが消滅したということは、日本にDRAG専用コースが無くなったということ。兵庫・セントラルサーキットや熊本・オートポリス、北海道・十勝スピードウェイなどでは、ストレート部分を使ってきっちり1/4マイル(約402m)を走れるものの、設備や路面など含め「DRAG専用コース」ではない。北海道の各所にあるミニ飛行場を使用してのDRAG大会も行われてはいるが、今はそのほとんどがマナー・騒音等のために使用不可の場所が多くなっているのが実状だ。

9秒台、8秒台で走るマシンにとってはやはり、サーキットのストレート部分やミニ飛行場で走るのと「DRAG専用コース」で走るのとでは気分も違うというものだ。

 

 

【SAURUS・Kamaishi-R号、タイDRAG専用コースでの本格チャレンジを決意!】

国内最速のDRAG-Rオーナー&ドライバー・釜石氏とチューンを手掛けるSAURUS林氏は、徐々に話を進めてきた計画を実行に移すという。

日本トップクラスのGT-RチューナーであるSAURUS林氏が「人生で最後のチャレンジになるかも・・・」と言うほど、国内最速を記録するまでに育て上げてきたKamaishi-R号をさらにビッグモディファイし、タイへ移送。今、DRAGレースが熱いタイでの記録チャレンジに挑むというのだ。

 

 

【目標は7.500秒!・・・GT-Rの可能性への挑戦】

実は2018年5月、栃木・ツインリンクもてぎ・ Super Speedway(オーバルコース)のストレート部分を使って行われる「トラゼロ(0-1000フィート計測会)」参加時に、コンロッドの疲労(多分)からのエンジン全損に陥ってしまった。

2018年10月現在、ブローからの復帰に向けて全力で動いている。考えられるすべてのワザを使って作るスペシャルヘッドに、SAURUSでは初めてとなるビレットブロックも使用する。クランクも75.7→77.7のスペシャル仕様、コンロッドもI断面へと変更される。

また、タービンは今まで同様のTD06-25G改ツインのスペシャル仕様をさらにスペシャルに、1基650ps対応となる。EXマニホールドやウエイストゲートも変更され、今回はボンネットからの排気となる予定だ。

 

 

タイヤも特注スペシャルだ。SAURUSがオーダーしたHoosier(フージャー)製は、すでにテストが行われ、確かな手ごたえがあるという。

ただし、この「Kamaishi-R」はあくまでもオーナーカーであり、SAURUSのデモカーではない。予算だって限りがある。その中で、釜石氏と林氏、メカニックたちとミーティングを重ね、ドライビングスキルとも見合った(物凄いテクニックあり!)出来うる限りのモディファイが続けられるのだ。

 

 

ステージはタイ・DRAGアベニュー(他、タイ国内を転戦か?)。2019年、いよいよ本格復帰のKamaishi-R、次の狙いは「7.500秒台!」。

 

(永光やすの)

関連ニュース