【Kuhl Racing WRX STI VAB GT AERO KIT】WRX STI後期用にハイセンスなエアロパーツがデビュー! | web option(ウェブ オプション)

【Kuhl Racing WRX STI VAB GT AERO KIT】WRX STI後期用にハイセンスなエアロパーツがデビュー!

フルバンパーのような迫力ある表情を純正フロントバンパーのまま獲得!!

 

 

コンプリートカーメーカーとしてスポーツカーだけではなく、ミニバンやコンパクトカーまで手掛けるクールレーシング。そのエアロプログラムの演出力やデモカーメイキングの技術力の高さは、東京オートサロンにおけるカスタムカーコンテストで最優秀賞を連発していることからも分かるだろう。

 

そして、最新作としてリリースされたのがWRX STI後期用エアロだ。スポーツカーを手掛けるのは久々というだけあって、拘りを随所に見ることができる。その最大の特徴として、フロントは敢えてバンパースポイラーではなく、リップスポイラーを採用したことが挙げられる。

 

「純正フロントバンパーのデザインが優れていましたので、バンパースポイラーまでは不要と判断しました。その上でグリルやフォグカバーを装備してディテールアップを図っています」とはクールレーシング片岡さんのコメントだ。

 

グリルは奥行き感のあるものに換えてフロントマスクの彫りを深く見せ、またダクトカバーも純正ダクトのイメージを強調したデザインとすることで、純正らしさを残したスタイルアップを敢行。そこに前方へ大きく延長したフロントディフューザーを装備することで、スポーティなシルエットを構築している。

 

一方、サイドセクションとリヤセクションは、大胆な変化を付けてスタイリングに抑揚を与えている。サイドでは純正交換タイプのステップにアンダーディフューザーをプラスすることが可能。リヤはバンパースポイラーと、別体式のディフューザーを採用することによって、スタイリングに加えて空力性能も徹底的に追求しているのだ。

 

つまり、純正バンパーを活かしたまま、フロントマスクを迫力あるものに変えたい…というライトなディテールアップから、サイド&リヤまでのフル装備でレーシングテイストに溢れたスタイリングの獲得も可能なエアロプログラム。STIだけではなくS4にも対応し、想像以上の反響があったことから前期用の開発も進行中とのことで、前期オーナーも期待されたし!!

 

 

 

製品仕様

Kuhl Racing

WRX STI

VAB GT AERO KIT

 

フロントディフューザー(RG) 5万9000円/7万9000円

フロントディフューザー(HG) 8万9000円/10万9000円

サイドステップ(RG) 5万9000円/7万9000円

サイドステップ(HG) 9万9000円/12万9000円

サイドステップディフューザー(RG) 4万9000円/7万9000円

サイドステップディフューザー(HG) 8万9000円/11万9000円

リヤフローティングディフューザー(RG) 5万9000円/8万4000円

リヤフローティングディフューザー(HG) 8万9000円/11万4000円

上記4点セット(RG) 24万9000円/35万9000円 (HG) 39万9000円/50万9000円

 

フロントグリル(RG) 5万9000円/6万4000円

フロントグリル(HG) 6万9000円/8万4000円

フロントバンパーダクトカバー(RG) 5万9000円/7万9000円

フロントバンパーダクトカバー(HG) 7万9000円/9万9000円

専用バックフォグランプ(全4色) 1万6200円

 

※RGは従来のFRP素材の1.5倍の強度を誇る素材

※HGはRGに新開発クロスマットを貼り合わせて2倍の強度を確保

※価格は黒ゲル仕様(未塗装)/塗装済みの順

※塗り分け2トーン塗装の場合は1ピースにつき1万5750円アップ

 

 

 

純正バンパーに装着するフロントディフューザーは、前方に大きく張り出させることでスポーティさを強調。下方向には純正比20mmダウンに留めて地上高を確保している。

 

フロントグリルはKuhlエンブレムが標準装備。基本的に純正形状を継承しているが、その深い奥行きがフロントマスクにシャープな印象を与える。

 

フロントバンパーダクトカバーも奥行きを与えるとともに前方に延長することで、フロントマスクにスポーティさをプラス。抜群のフィッティングも自慢だ。

 

純正比15mmダウンのサイドステップ本体のみを交換することも可能だし、さらなる低さを見せるサイドステップディフューザーは純正に装備することも可能だ。

 

別体式の大型ディフューザーを装備することで空力性能も追求しながら、スピード感を高めるリヤバンパー。なお、開発中の専用マフラーとの同時交換が必須となる。

 

クールレーシングのオリジナルホイール『ヴェルズKCV02』の19インチを装備。深いコンケイブとキャリパーとの絶妙なクリアランスが魅力だ。