【愛車の腹下を覗こう!】NISSAN FAIRLADY Z[Z33]編【コンディションCHECK!】

公開日 : 2018/10/09 13:27 最終更新日 : 2018/10/09 14:22


FAIRLADY Z[Z33]

 

人気急上昇中のチューンドベース

 

 

V35スカイラインと共通のFM(フロントミッドシップ)プラットフォームを採用することで、車体価格を抑えながらも前後重量配分53:47の理想的パッケージを実現した5代目フェアレディZ。チューニングはすでに成熟段階へと入っており、過給機やNAメカなど様々なアプローチが可能。中古相場が安価で推移している事もあり、チューンドベースとしての人気も高まり続けているFRスポーツである。

 

 

 

 

CHECK POINT

A.Z33で頻発しているトラブルがブレーキ関連。前後同径タイヤやパッド交換などを行うと、稀にチェックランプが点灯したりABSが誤作動を起こすという。そのため、ブレーキはショップと相談しながらブラッシュアップさせるのがベスト。

 

B.初期型で気をつけたいのがミッション。ギヤ鳴りが聞こえたり特定ギヤに入りづらいというトラブルが多いのだ。定期的なオイル交換で予防すべし。

 

C.Z33&34の共通事項として、デフ温度が上がりやすい点が挙げられる。デフブローも有り得るレベルなので、サーキット派は安心を買う意味でオイルクーラーの導入を考えたい。

 

D.リヤハブのベアリングはガタが発生しやすいポイント。タイヤを揺すってカコカコ音がしたら要交換だ。