【新型スープラ最新情報】オプションスーパーフェスに登場したテスト車両はトップグレードか!?

公開日 : 2018/10/08 20:11 最終更新日 : 2018/10/08 23:06

 10月7日のオプションスーパーフェスにサプライズ登場した新型スープラ。SNSを中心に色々ウワサが飛び交っているが、当日、現場で編集部が掴んだ情報をまとめると

 

1.市販車両はほぼ完成している。

 

2.テスト車両は左ハンドルの北米仕様で、日本仕様の排気音はここから抑えられる。

 

3.テスト車両の搭載エンジンは3L直6ツインターボ。加速を見た限り馬力は350psあたりか。

 

4.テスト車両にはレブリミッターが搭載されていた。

 

5.テスト車両のタイヤはミシュランのパイロットスーパースポーツで、サイズはF255/35-19、R275/35-19。これまで目撃されてきたテスト車両のなかでは最大サイズだ。市販車両のトップグレードを想定したモデルだろうか。

 

6.車両価格はトップグレードで600〜700万円に落ち着く。

 

7.チューニング大歓迎。トップチューナー達ならばECUチューンもさほど苦労しないレベル。

 

8.東京オートサロン2019でなんらかの新発表がある。

 

というところ。ともあれ、正式発表が待ち遠しい!

 

この角度で見るとバンパー開口部の大きさがよくわかる。アンダーフロアも空力追求でフラットな形状だ。

 

これまで目撃されてきたテスト車両のなかでは最大サイズのタイヤを装着していた。