【Do-Luck NISSAN GT-R】R35をもっとGT-Rらしく! ドゥーラック渾身のブリスターライン | web option(ウェブ オプション)

【Do-Luck NISSAN GT-R】R35をもっとGT-Rらしく! ドゥーラック渾身のブリスターライン

エッジを効かせたボトムラインでグラマラスなフェンダーを引き立てる!!

 

 

「第2世代のGT-Rに感じられたチューニング色“走ったらスゴイぞ!!”っていうヤンチャさが、R35には薄いと思うんですよね。とてもポテンシャルは高いし、イジればパワーは出したい放題。R35ってすごくいいクルマなのに、ノーマルのスタイルってちょっと大人っぽすぎて面白みにかけると思いませんか?」

 

これが、第2世代GT-Rのチューニングやエアロ製作で、頭角を現したドゥーラックの伊藤さんのR35に対する印象だった。そこで、第2世代からのGT-Rのイメージを、R35に取り込もうと製作されたのがブリスターフェンダーを軸にしたエアロキットだ。

 

もちろん、ただヤンチャにしただけではやはりR35の車格にはそぐわない。そこで、各部にはカーボン素材を使うなどして質感を向上。また、生産性を損なっても妥協しないデザイン性が盛り込まれている。ボトムのカーボン部などには、ハニカム構造を取り入れることで軽さと強さを両立させた。

 

ブリスターフェンダーがメインメニューとしつつも、ベースとなる前後ディフューザとサイドステップは、それだけでノーマルボディにマッチする形状とされている。しかし、その新骨頂は、そのエッジの効いたボトムラインに合わせ強調されたブリスターラインであることはいうまでもない。

 

ローマウントのウイングやエアロミラーなどもさり気なく、個性を持たせつつ、気品ある戦闘系のスタイリングを完成させている。

 

 

 

<価格表入る>

Do-Luck

GT-R AERO PARTS & WIDEBODY KIT

 

対応:R35

価格:フロントリップスポイラー 20万円(カーボン+カーボン)、16万円(FRP+カーボン)/サイドディフューザー 16万円(FRP+カーボン)/T-4k ローマウントウイングfor R35 16万円/リアディフレクター 4万5000円/リヤアンダー 15万円(FRP+カーボン+FRPフィン+ウイング)、17万円(FRP+カーボン+CFRPフィン+ウィング)/エアロミラー 6万円/ボンネットダクト 4万5000円/フロントブリスターフェンダー 20万円(FRPガーニッシュフィン)、24万円(CFRPガーニッシュフィン)/リアブリスターフェンダー 18万円

 

 

 

R35がデビューしたときから感じていたことは、大柄だけど上品すぎるボディライン。もっとグラマラスなほうがチューニングカーらしいとの思いで、ブリスターフェンダーを製作することとなった。ホイールはワーク・シオンのドゥーラックバージョンで11J(+5)、タイヤはTOYOのR888を履く。サスペンションはDG-5ベースのダンプトロニック対応品となっている。

 

リヤウインドウ下部のリアリフレクターや、ローマウントのウイングなど、独自の感性で空力の向上とスタイリングを追求。ちなみに、テールランプはLEDリングを入れるなど加工されている。

 

現在まだ試作品(テスト段階)だが、前期ヘッドライトを後期ルックに加工するメニューも開発中。ヘッドライトの変更は“初期モデル”のイメージを払拭してくれる。

 

オリジナルのエアロミラーは小さなパーツながら、車両全体の印象を引き締める。ボンネットダクトはクーリング性能を向上させるため、カーボンで製品を作り大型化している。

 

 

オーバルテールのチタンマフラーは試作品。迫力のあるリヤビューを求めてデザインにも拘ったが、生産コスト度外視で製作してしまったため、製品化に躊躇しているのが現実だという。