【LB-WORKS NC1】漆黒のドシャコタンNSX、見参!

リバティウォークと言えば、日本で注目を集めたワークスフェンダースタイルをスーパースポーツにマッチングさせたことでそのトレンドを世界に発信、ワールドワイドなムーブメントを作ったことで知られるところ。ワイド&ローのカスタマイズは、車種問わず世界共通のカッコ良さであることを証明したトレンドリーダーでもある。

 

 

これぞリバティーウォークの流儀

地を這うシャコタンとワークスフェンダー!

 

 

早くもカスタムスタイルの車両が現れ始めたNSXだが、リバティウォークのNSXの低さと迫力にはド肝を抜かれる。

 

漆黒のボディには、おなじみビス留めのワイドフェンダーがセットされ、フロント&リヤ、そしてサイドのエアロは地面スレスレの位置につく。マッドブラックでさりげなく飾られたステッカー類もその陰影を彩る。

 

究極の低車高を実現にあたっては、今注目を集めているエアサスペンションの存在も大きい。必要なときに上げることができるからこそ魅せたいときには限界まで下げることができるのだ。

 

ちなみに、NSXのエアサス化に関しては、純正のサスペンションがECUで統合制御されているため、エラーでセーフモードに入ってしまうなど実用できるようになるまでにはトライ&エラーを繰り返して実現したものだという。

 

このNSXのボディキットに関して、代表の加藤さんに経緯などを聞くと「いやぁ生産台数も少ない高級車だし、商売的には期待できないよねぇ(笑) でもね、カッコよくできそうだし期待されてそうだし、リバティのスタイル見せたいしと思って作ったいましたぁ」と語る。

 

スーパースポーツから始まり、旧車へと展開、そしてその間を埋める国産スポーツへと、リバティウォークの世界観は広がり続けている真っ最中。

 

そして、来年の年明け、東京オートサロンではオーバーフェンダーのみならず、新たなスタイルの提案も進めていくということなので楽しみに待たせてもらいたい!!

 

 

リバティーウィークのボディキットは、オーバーフェンダーを用いたフルボディキットの『LB-WORKS』シリーズを頂点に、ベース車両のイメージをイカス『LB★PERFORMANCE』シリーズ、日本車中心のエントリーモデル『lb★nation』シリーズなどが展開されている。カバーマシンのNSXに到着されているのはトップブランドの『LB-WORKS』だ。

 

 

 

リバティーウォークと言えば、大型のワークスフェンダーが象徴するブランドだが、一方でなくてはならないアイテムとなっているのがエアサスペンション。一部、サーキット走行を軸としたいお客さんなどメカサス採用の車両もあるが、限界ドシャコタンと実用性を両立させるためほとんどの車両には、得アレックスを中心としたエアサスペンションを装備しいるという。スイッチひとつで車高アップができるのは便利なことだし、今どきのエアサスは乗り心地や剛性感も満足のいくものだという。