【STREET TRIBE】湾岸最高速伝説【関西地区/最高速スポット since 2009】

伝説の湾岸最速チーム

 

 

他の追随を許さない圧倒的な速さと独創のマシンメイク。90年代中盤における大阪湾岸全盛期を駆け抜けた走り屋にとって“彼ら”の存在はあまりに大きく、そして光り輝いてみえたハズだ。セレクトレーシングチーム。関西屈指の実力派チューニングショップ「オートセレクト」に出入りしつつ、“セントラルサーキット1分30秒以内”という暗黙の条件を満たした強者たちの集合体、いわずと知れた伝説的な湾岸最高速チームである。

 

無論、その速さは過去形などではなく、現在進行形だ。90年代末に突じょとして訪れた大阪湾岸ステージの“壊滅”とともに、同チームも表舞台から完全にフェイドアウトしたかのように見えたが、彼らは熱い鼓動を停止させてはいなかったのだ。

 

「いまでも元気に踏んでまっせ〜! まっ、最近はチームらしい活動なんてしとらんし、本気で走るヤツもめっきり減ったけどなぁ。それにしても取材を受けたのなんて10年ぶりくらいちゃう!?」。セレクトレーシングチームのトップが、満面の笑みでそう語る。

 

現在、彼らがアタックポイントと定めているのは、5号線の中島本線料金所から4号線の出島ICまでの16km区間だ。中高速コーナーが連なった完全なるハイスピードテクニカルセクションなのだが、ココをトップランカーたちは4分ソコソコで駆け抜けてしまうというから、心底恐れ入る。なんせ、コーナーリング中でも220km/hを下まわることはなく、トップスピードは軽く300km/hオーバー。結果、アベレージスピードは250km/hという信じられない速度域に達しているのだから。

 

常人にとっては、もはや理解できない数字のオンパレードで、リアリティの欠片すら感じないだろう。当たりまえだ。10年来、地上から数十メートル高いこの戦場で、激しい空中戦を繰り広げてきた男たちの“本気”とは、そういうレベルなのである。