【大阪発】 コイツはヤバイ! 新世代オービスの大本命が電撃登場!! | web option(ウェブ オプション)

【大阪発】 コイツはヤバイ! 新世代オービスの大本命が電撃登場!!

新型システムの自動速度取り締まり装置(以下通称:オービス)のが設置されたという情報を得て、さっそくそのチェックに向かってみた。とうわけで、現地で見てきた新型オービスの仕組みなどを紹介していこう。

 

 

新型の自動速度取り締まり装置

2タイプが大阪で同時に設置!!

 

 

このところ生活道路対応のコンパクトな新型オービスの話題が盛り上がり、従来型オービスは耐用年数を迎えて減少の一途をたどっていた。このままオービスは尻すぼみなのか? みたいな印象も感じていたのだが、どっこい、そうは問屋(警察!?)が卸してくれなかった。

 

なんと2018年、幹線道路や高速道路に設置されてきた大型(!?)のオービスにも、ニュータイプが投入されたのだ。

 

注目のニュータイプは走行速度の計測に従来のレーダー波やループコイルに代えて、レーザー光を使う。最新のオービスはLiDAR(ライダー:Light Detection and Ranging)という計測方式を採用しているのだ。原理的にはレーザー光(不可視波長)で前方をスキャンして、クルマの3D接近画像を連続的に描き出し、その移動量から速度を割り出すというもの。

 

このシステムを採用するメリットは、設置コストの低減や計測精度。ループコイルのように路面に溝を切って計測用コイルを埋める手間もないし、ループコイル式路面センサーの弱点であった積雪などによる路面変化の影響も受けない。そして、これまで設置機数ナンバーワンだったHシステムの後継機として加増させることがたやすいのだ。

 

ただし、LiDARにも弱点はあるようで、使用するレーザー光の特性として雨雪などの悪天候に弱いともいわれている。今回はそのテストもかねての設置なのか、ソコは割り切って運用しようというところなのか。

 

ともあれ、今回のふたつの新方式オービス(自立式Liオービスとゲートブリッジ式LiHシステム)を同時に設置したということは、警察&メーカーが今後、本格的に導入していくことを念頭に置いているのだろう。

 

常識的に考えると、まずは検証テストからとなるのだろうが、計測値の安定性が確認されればそのまま運用にシフトするというのが、既定路線なのは間違いない。というわけで、LiDAR式オービスの今後の動向が大いに気になる!!

 

 

 

 

 

 

新御堂筋線(R423号)北行きのLiHシステム

大阪府豊中市・新御堂筋線(R423号)北行きに設置されていたHシステムが撤去され、同一ゲートブリッジにLiHシステムが取り付けられた。速度計測用のLiDARユニットは本体ユニット(ストロボ&カメラ)の手前、約20mの壁面に設置されている。なお本体ユニット(ストロボ&カメラ)の形状はLHシステムと同じだ。

 

速度計測用のLiDARユニットは手前の壁面に!

 

もともと使われていたHシステムの本体ユニット(ストロボ&カメラ)は2個設置されていて、2車線対応というものだが、新たに設置されているLiDARユニット(計測ユニット)は1個のみ。つまり、新たに設置されたユニットはひとつで2車線をレーザースキャンしているのだ。ちなみに、ユニットBOXの側面にはわざわざカメラのイラスト入りで「監視カメラ作動中」との注意書がある。実は、確かに小さな監視カメラがブリッジの上に付いいて、装置に対するイタズラや妨害工作に対する監視も行っているようだ。興味本位でイジってみいたり、悪意でライダーユニットの窓に眼つぶしスプレーをぶっかけたりしたら、一発で捕まる、、、のかも!?

 

事前警告板は縦長で小ぶりのものが2枚設置されているが、文字が詰まっていて意外と読みづらい。1枚目は北大阪急行・桃山台駅手前に。これは吹田市から豊中市への市境に設置された2枚目だ。ここからオービスまではジャスト250m。

 

 

 

 

第二阪和国道(R26号)上りのLiオービス

LiHシステムとほぼ同時に設置されたタイプのLiオービス! 大阪府阪南市・第二阪和国道(R26号)上り線53.0KP先、ゲート式で設置されているNシステムの直前、左手に第1号機が設置されている。Nシステムがいい目印になるが、目を取られてむしろオービスに気付かないこともありそうなので要注意。

 

Liオービスは三眼なのが特徴!!

注目のLiDARユニットは、見慣れたオービスの本体に組み込まれており、レーザースキャン用に横長の追加窓が追加されているのが外見上の特徴だ。上から、ストロボ、カメラ、のスキャンレーザー用窓が縦に並ぶ。ループコイル式のように手前の路面に照準用の白線はない。

 

2枚設置されている「速度落とせ 自動速度監視路線 大阪府警察本部」の事前警告板は新御堂筋線のLiHシステムと同じもの。1枚目は阪南岬トンネルの直前に、写真の2枚目は53.7KPに立っている。Liオービスの約780m手前だ。

 

 

 

LiDARユニット新型オービスマメ知識

 

メーカーはループコイル式オービスやLHシステム(これもループコイル式の一種)を手掛ける老舗、東京航空計器だ。三菱電機がオービス事業から撤退した今、同社は日本におけるオービスのワン&オンリー企業のポジションにある。

 

近年ではパトカーのルーフに設置するライダー式速度取り締まり機や、コンパクトな可搬式ライダーオービス(警官が立ち会うネズミ捕り方式)等をリリースし高評価を得ている。

 

今回紹介したLiDARタイプは、新型とはいってもカメラやストロボのユニットは従来のオービス用が基本的に使える。つまり、速度センサーのループコイルをLiDARタイプに置き換えたに過ぎないわけだ。