脅威の「引き算」でカスタムされた美しすぎるワンダーシビック! | web option(ウェブ オプション)

脅威の「引き算」でカスタムされた美しすぎるワンダーシビック!

「足し算」ではなく「引き算」で表現するインパクト

この状態でもB18Cユニットはキッチリとフケ上がる

 

 

チューニングカーは基本的にパーツの「足し算」によって作られる。そのクルマに加えたい機能を持つパーツを足していくことによってその見た目も変化し、チューニングカーは独自の迫力を纏っていく。しかし、このワンダーシビックは違う。何かを足すのでは無く、徹底的に「間引く」事で迫力を手にした、希有な1台なのだ。

 

近年、アメリカのJDMシーンで盛んになっているカスタム手法に「ワイヤータック」というものがある。これはその名の通りエンジンルームの配線類をタック(隠す)するというもので、エンジンルームをシンプルかつ綺麗に見せたいという目的から、今や広く浸透するようになった。ワイヤーを隠し、エンジンルームをスムージングしたクルマはカーショーでも評価が高く、最近は外観同様か、もしくはそれ以上にエンジンルームを作り込む事例も珍しく無ってきた。

 

このワンダーは、そんなシーンを意識して「極限のワイヤータック」を目指して製作された。オーナーのライアン氏は、実はワイヤータック用のハーネスを開発、販売している「Rywire」の代表でもあることから、自らの愛車で究極のワイヤータックを具象化したのだ。だからこのワンダーのエンジンルームは、「これでまともに走るの?」というレベルで余計な物が全て排除されているが、勿論ちゃんと走る上に、そこにはチューニングカーとしての最先端のテクノロジーが惜しげも無く投入されている。

 

搭載されるエンジンはインテグラ・タイプR用のB18Cで、そこに55φという大径の4連スロットルを装着。しかもこのスロットルはドライブ・バイ・ワイヤ、つまり電制スロットル化されているから驚きだ。さらに点火はダイレクトイグニッション化してエンジンルームで目立つプラグコードをオミット。バッテリーはレース用の小型ドライモデルをライト下に隠すように配置し、ラジエターもコアサポート内に目立たぬように設置して、エンジンルームからその存在を排除。ブレーキ&クラッチマスターも室内に移設され、エンジンルームにはまさにエンジン以外存在しないという驚異のカスタムが完成した。バルクヘッドに繋がっているのは、「Rywire」製ハーネスのコネクタだけ。あえてこのハーネスを目立たせているのは、「これ1本だけでエンジンが動くんだぜ」というアピールでもある。

 

カスタムといえば「足し算」というのはもはや昔の話。これからは「引き算」のインパクトも見逃せない。

 

Photo:Akio HIRANO TEXT:Takayoshi SUZUKI

 

エンジンとミッション以外は何も存在しない、驚異のエンジンルーム。B18CはHASPORTのマウントキットを使って搭載。電制スロットルはAEMのマネジメントシステムで完璧に作動する。スロットルの電子化やダイレクトイグニッション化は、パフォーマンスアップと共に配線の減少にも貢献している。ちなみにバルクヘッドはスムージングされているのに、フェンダー側は穴が開いたままになっているが、これは「これだけエンジンルームにあった物を排除したんだよ」ということをアピールする為に、あえてそうしてるんだとか。

 

 

 

 

 

エンジンルームの配線をこれ1本に纏めている。ちなみに「Rywire」のハーネスキットは、元々レースカーのシンプルな配線にインスパイアされた物で、あくまでチューニングパーツという認識。カスタム専用パーツではなく、ハードユースに耐えるよう、MILスペックにも準拠したクォリティの部品を使用している。

 

 

 

コアサポートに隠れてしまう「タックドラジエター」もRywireの製品。ラジエターホースとヘッドカバーの色味を揃えているのもエンジンルームのポイント。

 

 

車体は右ハンドルのJDM仕様。メーターパネルはカバーされ、そこにRacepakのデジタルディスプレイをセット。ステアリングをシフターを変更している以外、内装はフルノーマルをキープ。

 

 

 

シビックのオーナーにして「Rywire」の代表を務めるライアンさん。

ハーネスは彼のショップで全て作られる。勿論日本車好きで、

何度となく訪日してオートサロン等を視察している。

 

 

 

スペック

■エンジン:’98インテグラ・タイプR用B18C換装、KINSLER・55φ4連スロットル(電子スロットル化)、AEM・INFINITY EMS、AEM・ダイレクトイグニッション、Rywire・タックドラジエター、ワンオフエキマニ

 

■フットワーク:HeelToe Automotive・ダンパーキット、HeelToe Automotive・トーションバー、ワンオフ・ピロアッパーマウント、無限・CF-48 15インチ、GENERAL・G-MAX AS-03 (F&R:195/55/15)

 

■エクステリア:カスタムリアスポイラー

 

■インテリア:Racepak・IQ3ディスプレイ、K-tuned・シフター、ナルディ・ステアリング