最高速度313.68km/hを記録したフェニックスパワー86(ZN6)はまさかの車検対応仕様だった!

2018年の東京オートサロンにてカスタムカーグランプリのチューニングカー部門でみごと最優秀賞に輝いたフェニックスパワー作の86。高速周回路で86として日本で最初に300㎞/hのカベを突破したこのチューンドは、時代背景を考慮し、保安基準を意識した仕様でターボチューニングされているのがポイントだ。

 

 

最終目標は200マイルオーバー!

 

 

チューナーの技術競争のステージとしてオプション誌が企画した高速周回路(テストコース)での86/BRZ全開アタック。

 

サーキットを含めて通常の環境では考えられない負荷のかかる高速周回路で、各ショップのデモカーがしのぎを削るなか、エンジンなど機関系はもちろん、エアロの取り付け状態や強度、空力パーツの効果とデメリット、超高速走行時の姿勢やG変化に対応できる柔軟なサスペンションの重要性など短期間に多くの課題が見いだされた。

 

そして、参加したチューナーたちは課題を次々に克服し技術をどんどん高め、2度目、3度目の挑戦というチューナーの作るマシンは、以前とはまったく異なる完成度を見せている。

 

このマシンは、その頂点の1角を担うフェニックスパワーの86。2017年末には初の300km/hをオーバーを記録し、2018年春のテストでは313km/hの記録を打ち立てた。

 

【関連記事】>> 86/BRZ ZENKAI ATTACK RANKING

 

しかも、この86はフェニックスパワーの拘りで、あくまで日常使用可能なチューニングカーとして作られ、テストコースに持ち込まれているのが注目のポイント。記録を目指す上では大きなハンデとなるが、それでもあえて保安基準を意識し、車検を取得できるチューニングカーとして最高速テストに挑んでいるのだ。

 

 

 

エアロパーツも市販のストリート用、イングスのN-SPECシリーズ。ボンネットやフロントフェンダーからは、エンジンルームやホイルハウスの圧力が積極的に排出され高速走行時もフロントのリフトを防止する。スーパー耐久で培ったノウハウが注がれた高機能パーツとして注目される。

 

 

マーレーのピストン(86.5φ)、マンリー製のコンロッド、オリジナルのクランク(90mmストローク)を組み合わせ、各部の強化やバランス取りなどを行ったエンジンは2115cc。ヘッドとブロックの結合も強化されている。タービンはトラストのTD06-25G、ブースト圧は約1.4キロで550psを発揮する。バンパーから覗くインタークーラーが86のマスクを精悍に飾る。

 

 

 


サスペンションはアラゴスタのTYPE-Sをベースにしたフェニックスパワーのオリジナル。タイヤは最高速用に外径を稼ぐことも考慮し19インチ化。ホイールはボルクレーシングのG25、ファイナルは最高速狙いの3.5を選択しているが、高トルクエンジンのため実用性も備えている。

 

 


PHOENIX’s POWER
横山耕司

「ウチはあくまでユーザーと同じ立ち位置でどこまでできるか? というやり方に拘りたい」というフェニックスパワー代表の横山さん。出力向上策として、特殊なレース用燃料やナイトロを使うことは避けた上で、200マイル(約320km/h)超え1番のりになることを目指したいという。ちなみにマフラーも、効率低下と戦いながらもサイレンサーを追加するなど、ユーザー目線で車両のパッケージングをプロデュースする。

 

スペック
■エンジン(設定ブースト圧:1.4キロ 550ps):フェニックスパワー2.2ℓキット、ターボ用80φマフラー、3層インタークーラー、80φパイピング、ECUセッティング/トラスト・TD06-25Gタービンキット(試作)/HKS・カムシャフト/フルブラスト・80φスロットル/サード・900ccインジェクター/VABエアフロ
■ドライブトレイン:ATSカーボンツインクラッチ/3.58ファイナル
■フットワーク:アラゴスタTYPE-S(FR14kg/mm)/Biotブレンボキャリパーキット(F6ポット+380φ R4ポット+355φ)/ボルクレーシングG25(F8.5J×19 +45 R9.5J×19 +35)/アドバンネオバ(F235/35R19 R265/30R19)
■エクステリア:イングスN-SPEC(フロントバンパー、サイドステップ、リヤバンパー、フロントフェンダー、エアロボンネット)/純正リヤスポイラー